犬山市都市美化センターが昭和58年春に稼働を始めて34年です。

その建設をめぐって
昭和53年3月に犬山市と塔野地区(私の地元)の間で締結された協定書。
締結から39年です。

平成28年度、やっと、この協定書を総括することができました。
とは言え、まだ履行できていない条件と要望が数件残されています。

ともあれ、総括を行い、双方が認識を共有することで次の段階に進む。
そんな認識で新たな協定書を締結することになり、調印が行われました。

e0367059_21323822.jpg


e0367059_21324099.jpg


条件の一つで、ずっと私が実現を求めていた総合グラウンドの建設はほぼ無理な状況となりました。
ここで新たなスタートラインに立ち、協定書の履行を行うことで、完全決着という認識を双方が共有できるために、調整に力を尽くしたいと考えています。

これだけでは事態をすべて説明できていませんが、
4月1日号の広報犬山の「たくろう通信」をご一読ください。
広く市民の方に知っていただきたい。
そんな記事を書いてくれた山田市長に感謝!

e0367059_21324102.jpg

[PR]
by hidenori0909 | 2017-03-31 21:31

・議会におけるICT化の推進について
・クラウド文書共有システム・タブレット端末の導入について
・ペーパーレスのための取組について

以上3つの角度から、姉妹都市関係にある兵庫県篠山市議会を訪問し、レクチャーを受け、率直な意見交換を行わせていただきました。
膨大な紙資料を携行し、整理保管することは私にとってもたいへんなストレスです。
また、議会事務局職員が資料のコピーや印刷に追われる姿を日々見るにつけ、「紙がもったいないなあ…」「時間がもったいないなぁ…」と感じています。
ペーパーレス化におけるタブレットの導入を進めればいいというのは分かっています。

ただ、議会というところは、30代から70代までの議員が意思統一しないと改革が進められないところでもあります。

そこで、先進事例である姉妹都市を訪問し、如何にスピード感をもって進めるかという課題を、細部まで根掘り葉掘り聞き出してきました。
学んだことをを実践すべく、しっかりと合意を得られるように計画を立て、提案していこうと思います。

e0367059_17422936.jpg

[PR]
by hidenori0909 | 2017-03-29 17:29