都市美化センターの設置に関する協定書

犬山市都市美化センターが昭和58年春に稼働を始めて34年です。

その建設をめぐって
昭和53年3月に犬山市と塔野地区(私の地元)の間で締結された協定書。
締結から39年です。

平成28年度、やっと、この協定書を総括することができました。
とは言え、まだ履行できていない条件と要望が数件残されています。

ともあれ、総括を行い、双方が認識を共有することで次の段階に進む。
そんな認識で新たな協定書を締結することになり、調印が行われました。

e0367059_21323822.jpg


e0367059_21324099.jpg


条件の一つで、ずっと私が実現を求めていた総合グラウンドの建設はほぼ無理な状況となりました。
ここで新たなスタートラインに立ち、協定書の履行を行うことで、完全決着という認識を双方が共有できるために、調整に力を尽くしたいと考えています。

これだけでは事態をすべて説明できていませんが、
4月1日号の広報犬山の「たくろう通信」をご一読ください。
広く市民の方に知っていただきたい。
そんな記事を書いてくれた山田市長に感謝!

e0367059_21324102.jpg

[PR]
by hidenori0909 | 2017-03-31 21:31