江南市役所にて会議

1月23日(月)

尾張北部地域ごみ処理広域化第1小ブロックの施設整備検討委員会(第5回)。
第1回めの10月から4ヶ月の間に5回の会議を重ねて、新ごみ処理施設の整備計画(案)をまとめました。
今日の委員会での議論を反映した計画案をもとに、今後の小ブロック会議で施設整備に向けた具体的な検討が始まります。
e0367059_01003486.jpg


先の犬山市議会1月臨時会で、尾張北部地域=2市2町による一部事務組合(尾張北部環境組合)設立を議決したところでもあります。

5回開催してきた委員会には、候補地の地元、準地元の住民代表の方々も委員として加わっていただきました。
今日の委員会でも、率直な思いを発言されていました。
住民代表として委員会に積極的に関わっていただいた皆さんには頭が下がります。

私は現在の犬山市ごみ処理施設=犬山市都市美化セーターの地元住民の一人でもあります。
たいへん身近にごみ処理施設の問題を感じている一人だという自負があります。

「自分には関係ないこと」と、無関心な方が大多数だと感じていますが、実はそうではなく、
ごみ問題は「市民すべての生活に関わりがあること」であるということを、いかにお伝えしていくか…
地方政治に携わる者としてのたいせつな役割だと思っています。

[PR]
by hidenori0909 | 2017-01-24 00:11